×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

性病百科

ヘルペス・カンジダ・コンジローム・梅毒・クラミジアなどあらゆる性病の種類症状治療法を紹介

・ HOME ・ リンクについて ・ お問合せ先 ・ 利用規約 ・ 広告の掲載について
◆ 淋病
◆ 非淋菌性尿道炎
◆ 膣炎
◆ 性器ヘルペス
◆ 尖型コンジローム
◆ カンジダ
◆ 毛じらみ
◆ トリコモナス
◆ 軟性下疳
◆ 梅毒
◆ B型肝炎
◆ C型肝炎
◆ 成人T細胞白血病
◆ エイズ(HIV)
◆ フォアダイス

◆ エイズ

症状

 感染初期・・・
感染後1〜2週間後に一時的に風邪のような症状がでる。
この時期に自覚症状は無いがすでに感染源ととなる。この期間にエイズ検査を受けても HIVウィルスは検出されないので風邪と誤診されやすい。

HIVウィルスが検出されるようになるのは感染から 6〜8週間が必要である(確実に検出する為には感染から3ヶ月必要)。

 エイズ発症前・・・
長い無症状の期間の後にエイズ関連症候群と言われる症状が出始める。
持続する全身のリンパ線の腫れ、発熱、下痢、体重減少、倦怠感の症状が表れる。

 エイズ発症・・・
エイズ関連症候群の後に、 カリニ肺炎カポジ肉腫エイズ脳症などが発症するとエイズと診断される。

クラミジア、淋病、梅毒等の他の性感染症に感染している感染者のエイズ感染率は 通常の3〜5倍に高くなると言われている。

原因となる細菌、ウィルス

HIVウィルス。

感染経路

性交渉、キス(口腔内に傷がある場合)、オーラルセックス、キャリアの粘膜に傷があると 感染率は10倍以上になる。輸血、注射の共有。母子感染あり。

潜伏期間

早ければ6ヶ月、長ければ15年。平均7〜10年。

治療法

有効な治療法はない。エイズの発症を遅らせるAZT、ddI等ある。

予防法

コンドームの使用。感染経路に注意を払う。



Copyright (C) seibyo hyakka, All Rights Reserved.