×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

性病百科

ヘルペス・カンジダ・コンジローム・梅毒・クラミジアなどあらゆる性病の種類症状治療法を紹介

・ HOME ・ リンクについて ・ お問合せ先 ・ 利用規約 ・ 広告の掲載について
◆ 淋病
◆ 非淋菌性尿道炎
◆ 膣炎
◆ 性器ヘルペス
◆ 尖型コンジローム
◆ カンジダ
◆ 毛じらみ
◆ トリコモナス
◆ 軟性下疳
◆ 梅毒
◆ B型肝炎
◆ C型肝炎
◆ 成人T細胞白血病
◆ エイズ(HIV)
◆ フォアダイス

◆ 軟性下疳

症状

 男性の場合・・・
性器周辺に膿のある米粒大のコブができ、痛みも伴い、触るとすぐ潰れ潰瘍になる。 股の付根のリンパ線が腫れる。 男性の半数は潰瘍が一つだけ出来る。

 女性の場合・・・
性器周辺に膿のある米粒大のコブができ、痛みも伴い、触るとすぐ潰れ潰瘍になる。 股の付根のリンパ線が腫れる。 女性の半数は潰瘍が4つ以上出来る。

性器、口腔に感染する。
軟性下疳の患者にはHIV感染者が多いと言われている。
梅毒の合併で硬性下疳になる。

原因となる細菌、ウィルス

ヘモフィルス・デュクレイという微生物。

感染経路

性交渉、オーラルセックス。
大部分が海外からの感染なので、海外旅行の際は注意する。


潜伏期間

3日〜1週間。

治療法

泌尿器科、性病科、皮膚科、産婦人科で診察を受ける。

セフトリアキソン、アジスロマイシン、シプロフロキサシン、エリスロマイシン等の 抗生物質の投与。

予防法

コンドームの使用。

Copyright (C) seibyo hyakka, All Rights Reserved.